プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

子猫にはどんなキャットフードを与えるべき?気を付けるポイント

更新日:

初めて迎えるペットに、子猫を選ぶ人は多いでしょう。

愛くるしく無邪気に振舞うその姿は、飼い主の心を沢山癒してくれる存在になると思います。

そんな可愛い子猫ですが、未発達な体故気をつける点がいくつかあるので覚えておきましょう。

子猫にご飯をあげる際の注意点や適したキャットフードなど、1つ1つ説明していきたいと思います。

子猫のご飯は成猫よりも慎重に選ぶことが大切

猫は、食べたものがそのまま健康状態に影響しやすい動物です。

キャットフード選びには、とても慎重にならなければいけません。

特に1歳になるまでの子猫時代に食べた物は、その後の寿命を大きく左右するとも言われています。

子猫の時に粗悪なキャットフードを食べていると、大きくなってから病気にかかるリスクがとても高くなってしまいます。

日本では、発ガン性の確認されている添加物の入ったキャットフードが普通に販売されているのが現状です。

他にも、食べてはいけない肉を使ったものも存在します。

これらを食べ続けると、腎臓や肝臓が弱くなったり糖尿病にかかるおそれがあるため大変危険です。

猫にとって有害な原材料や添加物をあらかじめ知っておけば、病気のリスクを減らせます。

子猫のうちから良質なフード食べさせておくことが、健康に長生きできる方法だということを覚えておきましょう。

また、子猫は生まれて2カ月くらいまでは母乳や猫用のミルクで育ちます。

いきなりキャットフードを与えると、嘔吐したり体調不良の原因となるので注意してください。

年齢の分からない子猫を迎えた時は獣医さんでおおよその月齢を調べてもらい、ドライフードを与えていいかどうかも相談してみましょう。

子猫にはタンパク質たっぷりの無添加な物を与える

良質な素材のキャットフードなら、何でもいいという訳ではありません。

子猫にはキトンと呼ばれる子猫専用の物が販売されていますから、それを選んであげましょう。

何故なら子猫の消化器官では、成猫のキャットフードを消化できないからです。

また、歯が生えそろい始めた時は噛む力がとても弱くて、大人用のフードを細かく砕くことさえできない子もいます。

しかし成猫用フードの中には、子猫に対応しているものも存在します。

親子一緒に育てている場合は、こういった物を活用するとコストダウンすることが可能です。

具体的には無添加で穀物が少なく、たんぱく質が豊富に含まれている物を与えるようにしましょう。

何故なら、1歳になるまでの子猫が消費するカロリーは大人に比べてかなり多いため、多量のタンパク質を補う必要があるからです。

この頃に十分な栄養が摂れないと骨が弱くなったり、病気がちな子に育ってしまいます。

良質な栄養素をたくさん含んでいる無添加の物を与えることが、丈夫な子猫の体を作る秘訣なのです。

ご飯は一日の必要量を何回かに分けてあげるようにする

子猫にキャットフードをあげるとき、どんな与え方をしたらいいのでしょうか。

ドライフードを食べ始めたばかりの頃は一度に消化できるご飯の量が少ないため、3回から4回に分けて与えるのがベストです。

噛む力が弱くて飲み込みづらそうにしている場合は、お湯や猫用のミルクでドライフードを柔らかくしてあげてください。

一日に必要な量はメーカーによって様々なので、裏面の給餌量に沿ってあげるようにしましょう。

日中仕事などで家にいない場合は、自動給餌機を使うなどして必要な回数分を補えるよう工夫してください。

与える時間帯としては、1日4回の場合は前回ご飯を食べた時から最低でも3時間以上は空けるようにしましょう。

3回の場合は、朝昼晩と人間がご飯を食べる時と同じタイミングであげるようにすれば大丈夫です。

生後6カ月がくるまでは4回、6か月を過ぎたら3回に切り替えてあげるといいでしょう。

猫ちゃんの体質や成長具合によって目安は変わるので、参考程度に覚えておいてください。

まとめ

子猫は、ちょっとした変化でも体調を崩してしまうことがあります。

それ故、普段から質の良いキャットフードを食べさせておく必要があるのです。

良質なご飯を食べて育った子は、病気にかかっても重くなることはありません。

病原菌に対抗するための必要な栄養素を、食べ物からしっかりと補っているからです。

子猫の病気は、重くなると死にいたることも珍しくありません。

そうなる前に、良質なご飯を与えて丈夫な体を作ってあげることが大切なのです。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.