プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

ちゃんと選んでる?塩分控えめのキャットフードがおすすめ!

更新日:

あなたはキャットフードを選ぶ時、どんな基準を設けていますか?

値段や味を気にする人は多いですが、成分にも気を遣っているでしょうか?

猫ちゃんには摂りすぎると有害な成分が、いくつかあります。

キャットフードの中に入っている成分にも、摂りすぎに注意する成分が含まれています。

特に塩分には気をつけてあげないと、とりかえしのつかないことになるかもしれません。

人間も塩分の摂りすぎは良くないと言われているように、猫にも塩分の摂りすぎは良くないのです。

塩が猫にどんな影響を与えるのか、これからひとつずつお話していきましょう。

塩分は多すぎても少なすぎても体調不良を起こします

発汗によるデトックス作用や熱中症の予防など、塩は人間にあらゆる効果を発揮してくれますが猫にはどうでしょうか。

塩分を摂りすぎるのは人間にも害が及ぶ可能性がありますが、それは猫にも同じことが言えるでしょう。

特に腎臓の機能にダメージを受けやすく、腎不全になってしまうかもしれません。

腎臓が正常に機能しなくなると、毒素や老廃物をうまく処理できないままどんどん体内に溜まっていきます。

悪化すると嘔吐や脱水症状を起こし、最後には死んでしまうでしょう。

猫にとって塩分を大量に摂るということは、死に近づく行為だという事を覚えておいてください。

それなら塩分は一切摂らない方がいいのかというと、そうではありません。

動物が起こす1つ1つの行動には、ナトリウムとカリウムが大きく関係しています。

この2つのうち、ナトリウムの濃度を維持する役割を担っているのが塩分です。

細胞をちょうど良い膨らみ具合に保ってくれるのも、塩分。

塩分が不足すると体の機能が鈍くなったり、細胞が正しい形を成さなくなるといった障害が起こります。

猫にとっても欠かせない栄養分でありながら、摂り過ぎると恐ろしい病気になる可能性を秘めているのが塩分なのです。

計測器や方程式で適正な塩分量を測ってからご飯を与えましょう

では、どのくらいの量が猫にとって適しているのでしょうか。

必要な塩分の量は、100グラムの餌に0.2から0.35%入っていれば十分だと言われています。

塩分量は(ナトリウムの量×2.54)という式で求めることが可能です。

愛猫ちゃんの食べているごはんをこの式に当てはめると、摂取している塩分量が適正かどうかすぐ分かるでしょう。

計算が苦手な人は、市販されている塩分測定器を使うのも良い方法ですね。

特に色んなタイプのキャットフードをあげているなら、その都度測ってあげれば簡単に塩分を調節できてとても便利です。

ドライフードで測る場合は、少量をふやかすと測りやすくなるでしょう。

缶詰やパウチなどのウェットタイプは測る場所によって濃度に差があるので、よく混ぜて濃度を均一にしてから計測してみてください。

最低でも7歳を過ぎたら塩分控えめの物に切り替えましょう

健康な猫ちゃんは勿論、7歳を過ぎた高齢猫ちゃんにも塩分控えめのキャットフードはとても効果的です。

猫の身体機能が衰え始めるのは、6歳から7歳頃からだと言われています。

この時期から病気に備えた塩分控えめのフードを与えていくと、病気になるリスクを下げやすくなるでしょう。

減塩に特化したキャットフードは、プレミアムキャットフードに多く販売されています。

腎臓病の子が食べるために開発された療法食は、最も塩分の少ないキャットフードです。

これらは、ホームセンターやペットショップで気軽に購入できます。

ただし腎臓サポートなどの療法食に切り替える時は、一度獣医さんへ相談してください。

療法食は健康な子のキャットフードと栄養分が異なったりする物があるため、勝手な判断で食べさせると別の病気を発症してしまう可能性があります。

反対に腎臓病で市販のフードを食べている子は、今すぐにでも療法食に切り替えてあげたほうが良いでしょう。

そのままだと、腎不全にかかって死んでしまうかもしれません。

病状や進行具合によりあげるタイミングや量が変わることもあるため、この場合も獣医さんに相談してから与えるようにしましょう。

まとめ

塩分は、上手に付き合うことさえできれば猫の健康を維持する上でとても役立つ栄養分です。

どんな栄養素も摂りすぎは禁物で、塩分にも同じことが言えます。

可愛い愛猫ちゃんには、いつまでも健康に過ごしていてもらいたいものです。

塩分控えめのキャットフードは、そんな猫ちゃんの健康に大きな効果を発揮してくれるでしょう。

キャットフードを買う時は、是非上記のことに注意しながら塩分控えめの物を選んでみてくださいね。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.