プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

食べながらダイエットできる!健康を考えたキャットフードとは?

更新日:

猫は哺乳類ですので、人間の体の作りと似通った部分が沢山あります。

肥満もその1つで、栄養が偏ったり運動不足が続くと肥満体質へと変化しやすくなります。

肥満になると人間と同じく糖尿病や内臓疾患の恐れが出てくるため、早いうちから予防することが必要です。

キャットフードには様々な目的で販売されているものがありますが、勿論肥満対策の製品も存在します。

食べるだけで肥満の予防や軽減ができる優れものなのですが、普通のキャットフードとはどのような違いがあるのでしょうか。

猫の肥満と人間の肥満の原因はほとんど同じ

猫が肥満になる原因は人間とよく似ていて、運動不足や食べすぎなどが考えられます。

人間は中年になると少しずつお腹がでてきますが、猫にも同じ症状が起こります。

人間と違うのは、不妊手術でホルモンのバランスが崩れても肥満になるというところです。

猫が肥満になると、体のあちこちに支障をきたす場合があります。

肥満による運動不足で、ヘルニアや関節痛になると歩けなくなるかもしれません。

首の周りが脂肪で圧迫されると、呼吸がしづらくなるという状態にも陥ります。

脂肪が増えるとそれだけ体にかかる負担が大きくなって、心臓に影響する可能性もあるでしょう。

中には糖尿病にかかって、最悪の場合は死んでしまうことだってあります。

これらの症状は、キャットフードで十分に防ぐことが可能です。

近年では肥満を予防するための製品が販売されており、それらを上手に使うことで元の体重へと戻しやすくなるでしょう。

低カロリー低脂肪の物を選ぶようにする

肥満防止のために作られたキャットフードは、低カロリーに特化した商品です。

食物繊維を入れたり穀物を入れたりして、腸内環境が良くなるように作られています。

肥満の子は食いしん坊が多いため、少量でも満腹感を得られるような工夫もされています。

ダイエットフードのカロリーは、だいたい350kcalが目安です。

もっと少ない物もありますが、初めてダイエットフードに切り替える場合はこのくらいから始めるようにしましょう。

カロリーは勿論、デブ猫ちゃんは脂肪も多く摂りすぎてはいけません。

パッケージにある成分表を確認して、今食べているフードより脂肪分が少ない物を選んであげることも大切です。

ダイエットフードとか肥満用と書かれている製品は、脂肪分の少ない原材料を使っています。

他には腸の働きを整えて不要なものを便として排出しやすいよう、食物繊維を配合しているものがあります。

肥満のタイプによって選ぶキャットフードも変わってきますから、まずは肥満の原因をしっかりと調べておきましょう。

肥満と糖尿病を患っている子は、両方に特化したフードをあげるようにしてください。

ダイエットはご飯のあげかたに工夫しながら獣医さんの指示で行うようにする

猫にダイエットをさせる時は、獣医さんで診てもらってからにしてください。

何故なら、何らかの病気が原因で肥満になっていることがあるかもしれないからです。

血液検査をしてもらって異常がなければ、獣医さんと相談して目標体重を設定しましょう。

自分の判断で、勝手に目標体重を決めたりしてはいけません。

極度なダイエットは猫ちゃんの身体に大きな負担がかかり、ストレスから病気になる可能性だってあります。

無理なく気長に慎重にしていくこととが、ダイエットを成功させる秘訣だということを覚えておきましょう。

キャットフードで減量を始めるときは、少しずつ切り替えていってください。

いきなりカロリーの少ない物に切り替えてしまうと、腸が急激な変化に驚いて下痢をしてしまう場合があります。

一週間程度の時間をかけて、少しずつダイエットフードを増やしていきましょう。

早食いが癖になっている猫ちゃんは、ダイエットの効果が出にくいかもしれません。

早食い対応の食器を使ったり少量を何回かに分けるなどして、一気に食べきらないような工夫をしてあげることが必要です。

まとめ

猫ちゃんが太らないよう、キャットフードに気を遣うのはとても大切です。

それと同時に、適度な運動をさせる必要があります。

あまりにも太りすぎている猫ちゃんは動くのもしんどいと思いますが、手足をバタバタさせるだけでも脂肪の燃焼率はかわるものです。

飼い主さんとのコミュニケーションも取れるので、時間がある時はおもちゃで一緒に遊んであげてください。

適度な運動と低カロリーのごはん、それと無理のないダイエット計画が合わさってはじめて効果が期待できます。

これからダイエットを始めようと思っている人は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.