プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

ジャガーキャットフード

ジャガーキャットフードは、「手に届く贅沢(Affordable Luxury)」というキャッチコピーを掲げているプレミアムキャットフードです。

愛猫の日々の生活をより良いものへと変えるために作られており、他のフードとどのような点で異なるのか詳しく見ていきましょう。

ジャガーキャットフードの特徴をチェック!

ジャガーキャットフードはイギリスで作られた高品質のフードで、2016年の7月から日本への輸入が開始されました。

デンマークを中心にヨーロッパでは高い評判を獲得しており、インターネットの口コミを通じて日本でも広まっています。

  • どんなキャットフードを愛猫に与えれば良いのか悩んでいる
  • 今までのフードを全く食べてくれなくなった
  • 製品の種類が多すぎて選び方が分からない

こういった悩みを抱えている飼い主さんは、ジャガーキャットフードの特徴を詳しくチェックしておきましょう。

ヒューマングレードの上質な素材を使っている

キャットフードは含まれている水分量の違いによって、以下の3種類に大きく分けられます。

  • 水分含有量が10%以下のドライタイプ
  • 水分含有量が25%~30%のセミモイストタイプ
  • 水分含有量が75%以上で匂いの強いウェットタイプ

この中でも栄養価のバランスが取れているのはドライタイプですが、製品によって使われている原材料には違いがあるのです。

ジャガーキャットフードは愛猫の毎日の食事として相応しい原材料を使っており、人間でも食べられるヒューマングレードに焦点を当てました。

愛猫の健康を脅かすような4Dミートや肉副産物は一切入っていません。

  • 免疫機能やコレステロールのバランスを保つ不飽和脂肪酸が豊富なチキンや鴨肉
  • 高い抗酸化作用を持つアスタキサンチンが含まれたサーモン
  • アレルギー症状を抑える効果を持つマルベリー
  • 抗酸化作用が高く尿路結石を予防するクランベリーやブルーベリー
  • 疲労回復や血行促進効果を持つ朝鮮人参
  • 酸化を防ぐ為の各種ハーブ(ローズマリーやマリーゴールド)

ジャガーキャットフードはこれらの原材料で作られており、植物性タンパク質よりも動物性タンパク質が必要な猫ちゃんにピッタリです。

動物性タンパク質は80%以上も含まれていますし、肉と魚の両方からバランス良く摂取できるのが最大の特徴だと言えるでしょう。

定期コースであれば通常の10%OFFの4,280円で購入できるので、是非一度ジャガーキャットフードを試してみてください。

穀物を一切使わないグレインフリーのフード

私たち人間の食生活において穀物の存在は欠かせません。

現在では食生活の欧米化によって肉類が中心の食事を送るようになりましたが、それでも小麦などの穀物は健康のために必須です。

しかし、人間にとっては必要な食材でも、猫が取り入れると以下のようにアレルギーを引き起こす原因となります。

  • お腹を壊して下痢になる
  • 炭水化物の摂取で太りやすくなる
  • 皮膚炎を引き起こす

そこで、ジャガーキャットフードは穀物を一切使わないグレインフリーのフードに仕上げました。

だからこそ動物性タンパク質が80%以上と非常に多く、穀物の摂取で消化不良を引き起こすことはないのです。

市販されている安価な製品はカサ増しのために穀物が入っているケースが多いので、グレインフリーのジャガーキャットフードを食べさせてあげてください。

健康に害を及ぼす人工添加物が使われていない

キャットフードの中には、品質を一定の状態で保つためにBHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ブチルヒドロキシトルエン)といった添加物が含まれていることがあります。

保存性を良くして賞味期限を長くするのに欠かせませんが、強い発ガン性があるので長期間に渡って愛猫へと与えるのは危険です。

アレルギー症状のリスクを高める結果にもなるので、ジャガーキャットフードは健康に害を及ぼす人工添加物を全て排除しています。

  • 保存料⇒天然の酸化防止剤とも言えるミックストコフェロール(ビタミンE)を含む
  • 調味料⇒食材本来の美味しさを追及しているので人工調味料は入っていない
  • 着色料⇒飼い主さんの購入意欲を引くための着色料は不要だと考えている

ジャガーキャットフードはこれらの点に気を配っており、「安心」「安全」と言われている理由はお分かり頂けるでしょう。

量販店で販売されているキャットフードよりも高額な代わりに、余計な食材や添加物を愛猫に与えずに済みます。

イギリスの工場で丁寧に製造されている

ジャガーキャットフードはイギリスの生産元から直接輸入して仕入れている形となり、スーパーやホームセンターといった場所で購入できない理由です。

ペットフード先進国のイギリスの工場で丁寧に製造されていて、どのような流れなのかまとめてみました。

  1. 原材料に落ち度がないかどうか品質管理を行う
  2. 検査が終わった材料を粉砕してレシピに基づいてブレンドする
  3. スチームで加熱して焼き上げる
  4. 検査を行って合格したものをパッキングする
  5. 一つずつサンプルを採取して12ヵ月間に渡って保管する

安全な管理体制が敷かれており、厳密に法整備がなされていない日本のペットフードの生産とは異なります。

私たちが使用するサプリメントやドリンクなどの健康食品は海外産よりも国産の方が良いというイメージがありますが、キャットフードの品質に関しては海外の方が遥かに高いのです。

ジャガーキャットフードの評判や口コミ

強烈なチキンの香りではなくフワっとしたほのかな香りなのが良いと思いました

今までとは違ってお皿に入っていたジャガーキャットフードを一気に平らげてしまったのでビックリです

ウチの子猫はハーブが苦手なのでジャガーキャットフードはイマイチでした

猫ちゃんに欠かせない動物性タンパク質を80%以上も含んでいるので安心です

ジャガーキャットフードは一度食べたらやめられないみたいですね

原材料の品質だけではなくパッケージの可愛さにも拘っていますね

穀物不使用のフードなのでアレルギーの心配はありません

子猫からシニア猫まで年齢に関わらず与えられるのが魅力的なところだと思います

防腐剤や着色料などの添加物を含んでいない製品を探してジャガーキャットフードに行きつきました

更新日:

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.