プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

ジャガーキャットフードの給与量の目安は?エサの与えすぎは危険?

更新日:

ジャガーキャットフードを与える目安量についてまとめてみました。

フードの与えすぎは肥満のリスクが高くなり、健康が阻害されるので十分に注意してください。

ジャガーキャットフードはどのくらいの量を与えれば良いの?

ジャガーキャットフードは食いつきが良いと口コミで高い評判を得ており、「フードを全く食べてくれない」と悩む飼い主さんにピッタリです。

しかし、愛猫が可愛くてパクパクと食べてくれるからといって、必要以上に与えるのは良くありません。

ジャガーキャットフードの1日の給与量は、以下のように公式サイトで記載されていました。

子猫

  • ~2ヶ月:25g~40g
  • 2ヶ月~3ヶ月:40g~50g
  • 3ヶ月~4ヶ月:50g~55g
  • 4ヶ月~6ヶ月:55g~60g
  • 6ヶ月~10ヶ月:60g~80g
  • 10ヶ月~12ヶ月:80g~110g

成猫

  • ~2.5㎏:30g~40g
  • 2.5㎏~3.5㎏:40g~50g
  • 3.5㎏~5㎏:50g~55g
  • 5㎏~6.5㎏:55g~60g
  • 6.5㎏~8㎏:65g~70g
  • 8㎏~10㎏:70g~80g

猫種によって多少は違いがあるものの、この目安量に従って毎日与えるのが基本です。

ジャガーキャットフードは高品質で栄養素のバランスが取れているため、幼猫からシニア猫まで全てのライフステージで幅広く使えます。

それでも、1日の餌は与えれば与えるほど良いという単純な話ではないので、飼い主さんがきちんと管理しましょう。

子猫は成猫よりも与えるフードの量が多くなる

子猫はこれから身体が成長する大事な時期なので、成猫よりも与えるキャットフードの量が多くなります。

  1. 栄養価の高いジャガーキャットフードを与えてしっかりと成長させる
  2. 生後1年程度が経過すると子猫から成猫になっていく
  3. 成猫の体重を見ながら少しずつ与える量を減らしていく
  4. 愛猫が不満そうにしていても1日の目安量を守ってコントロールする

このように意識しなければならず、何もジャガーキャットフードに限った話ではありません。

ジャガーキャットフードの与えすぎは危険?どのようなリスクがある?

ジャガーキャットフードの与えすぎは危険で、肥満のリスクが高まります。

  • 少しくらい太っていた方が可愛い
  • デブ猫でも元気だから大丈夫

上記のように考えている飼い主さんは多いものの、猫の肥満は人間と同じように様々な危険が潜んでいるのです。

なぜ太り過ぎが良くないのか幾つか見ていきましょう。

  • 関節炎や関節痛など運動機能障害を引き起こす
  • 心疾患や呼吸障害のリスクが高くなる
  • 免疫機能が低下して病気を患いやすくなる
  • 身体の柔軟性が低下して身体全体を毛繕いできなくなる

肥満の原因は1日の消費カロリーよりも摂取カロリーの方が高くなるからで、ドライフードやウェットフードの過剰摂取がほとんどです。

私たち人間がダイエットして理想の体型をキープするに当たり、「摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やしなさい」と良く言われます。

猫にとってもこれは全く一緒なので、「可愛いから」「美味しそうに食べるから」という理由でジャガーキャットフードを与えすぎないようにしてください。

今までと同じ要領でジャガーキャットフードを与えないようにしよう

市販のキャットフードからジャガーキャットフードへと切り替えるに当たり、今までと同じ要領で与えないようにしましょう。

ジャガーキャットフードは間違いなく市販のフードよりも栄養価が高く、同じ量でも栄養過多になります。

高品質なフードを食べさせているのに逆に病気になっては意味がなく、以下の点を押さえておかなければなりません。

  • ジャガーキャットフードの給与量をしっかりと守る
  • 欲しがってもおやつを食べさせない
  • 1日に20分~30分を目安に猫と遊んで運動させる

既に肥満気味の猫ちゃんは、将来のために少しずつダイエットへと取り組んでいきましょう。

-ジャガー

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.