プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

マグネシウムを含むジャガーキャットフード!猫の身体にどんな効果がある?

更新日:

ジャガーキャットフードの中には、神経伝達物質を生成したり骨や歯を作るサポートを行ったりするマグネシウムが入っています。

ただし、過剰摂取には注意しなければならず、猫の身体への効果と弊害の両方を見ていきましょう。

ジャガーキャットフードの中に含まれているマグネシウムの効果は?

マグネシウムは猫の健康を支える上で欠かせない栄養素で、ジャガーキャットフードの中にも含まれています。

ジャガーキャットフードのマグネシウムの含有量は1㎏当たり175㎎で、多過ぎず少な過ぎず適度な量を含んでいるのが特徴です。

マグネシウムにどのような効果があるのか見ていきましょう。

  • 骨や歯を作るサポートを行う
  • 神経伝達物質を生成する
  • エネルギーの代謝の促進を行う

もし猫の体内から不足すると心疾患や発育不全、筋肉の痙攣など健康を大きく害する可能性があるので注意しなければなりません。

ドライフードは猫が健康的な生活を送れるように栄養素の含有には配慮しており、その代表的な製品がジャガーキャットフードなので安心です。

マグネシウム以外の栄養素も豊富なジャガーキャットフード

ジャガーキャットフードにはマグネシウムだけではなく、その他の栄養素もバランス良く配合されています。

  • ホルモンとして身体のコンディションを整えるオメガ6脂肪酸
  • 神経伝達や筋収縮と深く関係しているナトリウム
  • マグネシウムと結合して骨や歯を作るサポートを行うカルシウム
  • 生体のあらゆる場面で重要な役割を持つリン
  • 筋肉を正常に動かすために欠かせないカリウム
  • 疲労の回復を促して動物の身体を維持するタウリン
  • 視細胞を正常に保ったり表皮細胞の成長や皮脂の産生を調節するビタミンA

プレミアムキャットフードの中でも原材料の品質には気を配っており、毎日適量を与えれば愛猫の健康を促すことができるのです。

ジャガーキャットフードの主原料は肉と魚で、本来は肉食の猫にピッタリの食事となっています。

  • 人間でも食べられるヒューマングレードの素材だけを使っている
  • 余計な人工添加物を全て排除している
  • 新鮮なチキンや鴨肉、サーモンで仕上げている
  • 動物性タンパク質は80%以上で、アレルギーの原因となる穀物は不使用

このような特徴があり、こだわりの食材から豊富な栄養素を摂取できるのでキャットフードをお探しの方はジャガーキャットフードを愛猫に与えてみてください。

マグネシウムの過剰摂取には注意!

適量であればマグネシウムは猫の身体に必須のミネラルですが、過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

毎日の食事で多量に取り入れていると以下の弊害があります。

  • 尿として排出される際にリンと結合してストロバイト結石の原因となる
  • 激しい痛みや血尿が出る尿路結石の原因となる
  • 体内で上手く分解できずに有害物質となって体内に溜まる

摂取量に比例した効果が得られるわけではなく、腎臓や肝臓が弱い猫ちゃんは特に身体へと負担が加わりやすいのです。

尿路結石に関しては健康な猫ちゃんでも急に発症しやすいですし、一度治っても再発の恐れがあります。

ジャガーキャットフードはマグネシウムの値が175㎎/㎏と、他のフードと比較して高めなので不安を抱えている飼い主さんは少なくありません。

  • 子猫の身体には負担が大きいのではないか?
  • シニア猫の食事として向いていないのではないか?
  • 少し量を抑えめにして与えなければならないのでは?

上記のように考えがちですが、猫の健康を支える上で必要な含有量なので過剰摂取にはならないのです。

ジャガーキャットフードは原材料としてチキンと魚が含まれているのでどうしてもマグネシウムの量は多くなってしまうものの、「総合栄養食の基準を満たしているため、健康な猫が食べる分には全く問題はありません」とメーカーは回答していました。

愛猫のライフステージに合わせて適量を与えていれば問題はなく、余計な添加物が排除されているので少しずつジャガーキャットフードへと切り替えていきましょう。

-ジャガー

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.