プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

シンプリーキャットフードの原材料は?危険な成分や添加物は入っている?

更新日:

シンプリーキャットフードの品質が気になる飼い主さんのために、どのような原材料が使われているのかまとめてみました。

危険な成分や添加物を含まない安心のフードなので、詳しく見ていきましょう。

シンプリーキャットフードに使われている原材料の種類は?

実店舗やネット通販でキャットフードを選ぶに当たり、原材料や成分は目安の一つとなります。

  • 猫の主食となる原材料が含まれているのか?
  • 猫にとって良くない成分は排除されているのか?
  • 栄養素のバランスは整っているのか?

こういった点に気を配らなければならず、「猫が食べられればそれで良い」というわけではありません。

イギリスから直輸入された最高級のフードのシンプリーキャットフードには、厳選された豊富な原材料が使われています。

原材料の種類を幾つか挙げてみたので、食べさせる前に一度チェックしておきましょう。

  • 乾燥サーモン:良質なタンパク質がたっぷりと入っており、魚ならではの栄養素のDHA(ドコサヘキサエン酸)を摂取できる
  • 骨抜き生サーモン:旨味の強い新鮮なサーモンで、タンパク質やビタミン類が豊富に含まれている
  • サーモンオイル:脳や網膜の機能に欠かせないオメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)が多い
  • クランベリー:キャットフードやサプリメントに使われており、尿のpH値を中性化する
  • サツマイモ:ビタミンやカリウムなど栄養満点で、腸内環境を整える食物繊維が豊富
  • マリーゴールド:免疫力を保って猫の健康維持に欠かせない存在
  • カモミール:ストレスの悩みや皮膚トラブルに効果を発揮するハーブ

主原料はサーモンですが、更にニシンや白身魚などの食材をたっぷりと使っています。

どの猫種でもパクパクと美味しく食べられるように濃厚なフレーバーソースでコーティングしており、食いつきが100%と高い数値を残している理由です。

栄養素としてはコンドロイチン硫酸やグルコサミンも含まれているので、シンプリーキャットフードは関節の悩みを抱える老猫にも適しています。

シンプリーキャットフードは穀物不使用のグレインフリー!

シンプリーキャットフードは品質に徹底的なこだわりがあり、穀物不使用のグレインフリーのフードです。

ネット通販ではグレインフリーのキャットフードやドッグフードが数多く登場していて、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 元々は他の動物を捕食して食べていた猫本来の食生活に近付ける
  • 肉や魚がメインの食材となるので自然と動物性タンパク質を摂取できる
  • 消化や吸収の際に胃腸へと負担が加わりにくい
  • アレルギー症状で悩まされるリスクが少ない

小麦やトウモロコシなどの穀物が入ったキャットフードを食べさせると、ほとんど消化できないので負担が加わりやすくなります。

その点、シンプリーキャットフードはスムーズな消化をサポートするためにグレインフリーを意識していますし、品質や製造にもこだわっているので一度食べさせてあげてください。

シンプリーキャットフードに危険な成分や添加物は入っていない

シンプリーキャットフードは猫の健康を考えて作られた製品なので、危険な成分や添加物は一切入っていません。

余計な人工添加物が含まれていないからこそ、シニア猫でも安心して食べさせられる理由の一つです。

市販のキャットフードは値段が安い代わりに、余計な成分が加えられています。

  • 長期保存するための酸化防止剤(BHAやBHT)
  • 見た目のイメージを良くする着色料
  • 食品に甘味をつけるための甘味料
  • 食いつきを良くするための香料

これらが全て危険だと一括りにまとめることはできませんが、猫の健康にとって不要な存在なのは紛れもない事実なので、人工的な添加物を含まないシンプリーキャットフードを食べさせましょう。

-シンプリー

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.