プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

腎臓のケアに良いシンプリーキャットフード!シニア猫にも食べさせられる?

更新日:

シンプリーキャットフードは腎臓が弱い猫のために作られたプレミアムキャットフードです。

成猫からシニア猫まで安心して食べさせることができますので、その理由をこのページで詳しくチェックしておきましょう。

猫が慢性腎不全を発症しやすい理由は?

猫は人間や犬と比べると腎臓の機能が弱く、慢性腎不全を発症しやすくなっています。

なぜ慢性腎不全にかかりやすいのか理由を見ていきましょう。

  • 水腎症や糖尿病などあらかじめ保有している病気の影響で発症しやすい
  • アビシニアンとペルシャは遺伝によって慢性腎不全にかかりやすい
  • 特殊なタンパク質のAIMが十分に機能していない

「食欲不振の状態が続いている」「おしっこの回数が多い」「ふらつくことが多い」「体重が減少している」といった症状が出ていると、病気の可能性が高いので注意しなければなりません。

腎臓のケアに良いシンプリーキャットフードを食べさせよう

シンプリーキャットフードは腎臓のケアに良いプレミアムキャットフードです。

  • 子猫には食べさせることができない
  • 10ヶ月以上の成猫が対象年齢

このように作られていて、「なぜ子猫に食べさせることができないのか?」と疑問を感じている飼い主さんは少なくありません。

それはシンプリーキャットフードが腎臓を悪くしやすい猫や腎臓が悪い猫に向けて製造されているのが大きな理由です。

  • 高すぎず低すぎないタンパク質が含まれている
  • 脂質が適度に含有されている
  • 適量のナトリウムやリンが入っている

上記のような特徴があり、腎臓機能が弱まっていたり血液検査でBUNやCreの数値が高かったりという猫ちゃんにおすすめできます。

もちろん、シンプリーキャットフードは療養食ではありませんし、慢性腎不全を治療する効果はありません。

それでも、腎臓が悪い猫ちゃんに向けて作られているのは事実で、成猫にも老猫にも安心して与えられます。

厳選された原材料を使っており、保存料や酸化防止剤などの余計な人工添加物は一切含まれていないので、ドライフードの選び方で迷っている方はシンプリーキャットフードを与えてみてください。

シンプリーキャットフードはシニア猫に食べさせられるの?

シニア猫になると成猫とは違い、人間と同じように身体の様々な機能が衰えてきます。

猫の10歳は人間の70歳、猫の20歳は人間の90歳と同じだと考えられており、毎日食べさせるキャットフードの種類にも気を配らなければなりません。

どのような選び方を心掛ければ良いのか目安を幾つか挙げてみました。

  • 低カロリーで低脂肪と身体に負担が加わらない
  • 適度に猫の健康維持に必要な動物性タンパク質が含まれている
  • 小麦やトウモロコシなど消化に悪い原材料が入っていない
  • 人工的な保存料や防腐剤を含まない無添加

シンプリーキャットフードは上記の項目に該当するフードなので、シニア猫や老猫でも安心して食べさせられます。

中でも、「消化が良いかどうか」「無添加かどうか」は大事なポイントとなり、香料や着色料を多く含むような市販のキャットフードは与えるべきではありません。

一方でシンプリーキャットフードは無添加ですし、動物栄養学者との共同研究で生まれた高品質なフードなので、市販のフードを与えていた飼い主さんは少しずつ切り替えていきましょう。

-シンプリー

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.