プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

ウェットタイプのキャットフードを選ぶポイントについて

更新日:

老猫ちゃんや病気持ちの子、噛む力が弱い子猫にはウェットフードがおすすめです。

栄養が早く体内に吸収されるだけでなく、胃の消化もしやすくなります。

歯が弱い子は噛まなくても食べられるので、精神的な負担を減らすこともできるでしょう。

とは言え、ウェットフードなら何でもいいのかと言えばそうではありません。

商品を購入する際のコツを知って、しっかりした物を選ぶようにしましょう。

水分補給の代わりなどウェットフードには色んなメリットがあります

ウェットフードの利点としてあげられるのは、水分を多く含んでいることです。

猫は元々暑い砂漠地帯で暮らしていた動物なので、水分をとるのがとても苦手。

あまりお水を飲まない猫ちゃんも沢山いて、腎臓病になってしまうケースもあります。

そんな時に役立つのがウェットフードで、ご飯と一緒に多くの水分を摂取することが可能です。

鮮度もドライフードに比べて高く、未開封なら長期保存が利くのもメリットと言えるでしょう。

味も沢山のラインナップがあり、猫ちゃんの好むテイストに仕上げられています。

ウェットの食いつきがドライに比べていいのは、こういった理由が考えられるでしょう。

また、ウェットタイプは内容量が少なく一日で食べきることが出来るため小食な子にもぴったりです。

ウェットと一口に言っても、フレークやスープ状のもからシチューや缶詰のようなものまで様々なタイプがあります。

色んな食感を楽しむことができるこのタイプは、舌の肥えた好き嫌いが激しい猫ちゃんにおすすめです。

ウェットフードは総合栄養食と書かれた添加物の少ない物を選びましょう

様々な魅力を兼ね備えているウェットフードですが、選び方にはちょっとしたコツがあります。

まずウェットフードのほとんどが、一般食だという事を覚えておきましょう。

一般食は、ドライフードに比べて栄養がとても少なくなります。

しかし、ウェットフードにも総合栄養食と書かれたものが存在するのです。

何らかの理由でウェットしか食べられない子には、総合栄養食と書かれたものを選ぶようにしましょう。

次に、動物性の肉が沢山入っているかどうかをチェックします。

特にレトルトタイプの場合、総合栄養食と書かれていても十分な栄養を補うだけの量は入っていません。

たんぱく質が不足すると、あらゆる病気を引き寄せる原因となります。

少しでも沢山お肉が入っているものを選ぶことで、栄養不足になりにくくすることが可能です。

最後に、ウェットフードは添加物の少ない物を選ぶようにしてください。

いくらお肉がたっぷり使われている総合栄養食でも、添加物だらけでは意味がありません。

水分が多いウェットフードの中には、腐らないよう大量の防腐剤を投入している製品も存在します。

こういった物を食べ続けると、病気が進行したり新しい病気にかかってしまうかもしれません。

原材料の欄をしっかりと確認し、添加物が少ないものを購入するように心がけましょう。

ウェットフードには各タイプに特化した与え方があります

ウェットタイプには様々な食感があり、それぞれに効果的な与え方があります。

ツナ缶のようなフレークタイプと呼ばれるものは、トッピングにとても適したフードです。

食べなくなったカリカリの上にかけてやれば、大好物に早変わり。

フレークの美味しそうな匂いにつられて、全部食べてくれるようになるでしょう。

アルミ缶に入っているムース状のものは、パテタイプと呼ばれています。

お湯にとけやすく、ドライフードとの相性が良いのも特徴です。

病気の猫ちゃんの強制給餌や、歯が生え揃ってない子猫の離乳食にはこのタイプが向いています。

ウェットの中で最も多くの水分を含んでいるのが、スープやシチューの液体タイプです。

ほとんどの商品がレトルトタイプで販売されていて、食べた後の袋はとても簡単に処理できます。

このタイプは、ドライフードをふやかす時の水代わりとしても使えます。

味も嗜好性が高くなるよう作られているので、食欲のない猫ちゃんにも食べさせることが可能です。

まとめ

味や食感や素材などに様々なバリエーションがあるのは、ウェットフード最大のメリットです。

水分を摂る必要がある子にも、強い味方になってくれます。

一般的に人気があるのはパウチと缶詰タイプで、ご褒美として与えている人も多いようです。

ウェットフードには色んな使い方がありますから、自分だけの活用法を見つけるのも楽しそうですね。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.