プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

アレルギー体質の猫におすすめ!グレインフリーのキャットフードとは?

投稿日:

人間と同じように、猫ちゃんの中にはアレルギー体質を持つ子がいます。

動物のアレルギーはとてもデリケートですから、埃や花粉の他に食べ物にも気をつけなければいけません。

どんな材料に反応してアレルギーを起こすのかも、把握しておく必要があります。

これらを防ぐためには、アレルギー対策を施しているキャットフードを利用してみましょう。

今回はアレルギーの中でも穀物アレルギーに特化した製品について、お話したいと思います。

穀物を食べるとアレルギーになる子がいる

室内飼いをしていると、まれに穀物アレルギーにかかる子がいます。

キャットフードに含まれる原料が原因で起こるのですが、発症する穀物は猫によって様々です。

穀物アレルギーは、生まれて半年くらいから症状が現れ始めます。

特に避妊や去勢をした子はホルモンのバランスが上手く取れなくなり、アレルギーにかかりやすくなると言われています。

半年経った頃には大丈夫でも、1歳や3歳からかかり始める子もいるため決まった年齢はありません。

症状としては、引っかいたり舐めたりする回数が増えて下痢や嘔吐を繰り返します。

酷い時には、毛が抜けたりお腹が張って下痢になったりもします。

キャットフードを変えてからこの様な症状が現れたら、要注意です。

上記以外に皮膚炎になったり中耳炎になったりする症状も、アレルギーの兆候であると考えられます。

放っておくと死に至る場合もありますから、このような異常が見られたら速やかにお医者さんで診てもらいましょう。

この時一緒にキャットフードを持っていけば、アレルギーかどうかを判断してもらいやすくなりその後の対策を立てることができます。

グレインフリーには穀物が一切使われていない

アレルギーの起きやすい子には、グレインフリーのキャットフードをあげるようにしましょう。

グレインフリーとは、穀物を一切使っていないキャットフードのことです。

値段は比較的高価な物が多いですが、アレルギー持ちの子の負担を大きく減らせます。

良質なグレインフリーの製品には、たくさんの肉や魚の成分がバランス良く配合されています。

魚の味も肉の味も楽しめて、猫ちゃんが飽きにくいというのも特徴の1つです。

ビタミンは野菜や果物を混ぜて補ったり、いろんな種類の魚をミックスして補います。

使われる魚はカレイやニシンなど、人間の食す原料を使っているので安心です。

マグネシウムは摂り過ぎると尿管結石の原因になると言われていますが、グレインフリーの物には少量しか入っていません。

人間が食べても安全をモットーとして作っている企業もあり、販売前に社員が試食するメーカーもあります。

グレインフリーはアレルギー軽減のため、徹底的に安全性を追求したキャットフードなのです。

腎臓病の子にあげる時はたんぱく質が少ないものを選ぶ

アレルギー持ちの子でも安心して食べられるのがグレインフリーですが、腎臓病の子特に注意してください。

グレインフリーは栄養を十分補うために、たくさんの食材が使われています。

猫の必須栄養素とされるタンパク質の含有量は、キャットフードの中でもトップクラスです。

グレインフリーの中には、植物を配合した製品も販売されています。

しかし、猫はこの植物に含まれるタンパク質を分解する機能に適した体質ではありません。

分解できないたんぱく質が溜まっていくと、やがて腎臓に支障をきたして病状が悪化してしまう可能性があります。

特に、腎不全の子は死の引き金になるケースもあるため十分注意してください。

グレインフードを与えたい場合は、一度かかりつけのお医者さんへ相談してからにしましょう。

まとめ

猫ちゃんの中で、多くの子がかかるとされている穀物アレルギーのリスクを回避できるのが、グレインフリーのキャットフードです。

他のドライフードと違って色んな食材が使われているため、飽きにくいというのも特徴の1つだと言えます。

猫ちゃんの体はデリケートですから、少しでも害を与える可能性があるものを極力避けてあげることが大切です。

もし今食べているドライフードで上記の様な症状がみられるとしたら、それは穀物アレルギーかもしれません。

大切な猫ちゃんが辛い目に遭うことがない様、グレインフリーのキャットフードも検討してみてくださいね。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.