プレミアムキャットフードがおすすめ!ヒューマングレードの原材料を使用した無添加&安全なネコの餌とは?

猫の健康を考えたおやつの選び方について考えてみよう

更新日:

猫も人間と同じように、嗜好があるのをご存知ですか?

毎日同じものを繰り返し食べていると、飽きてしまう子も中にはいるんです。

一度飽きたご飯は中々食べてくれないので、困り果ててしまう飼い主さんもいると思います。

そんな時活躍してくれるのが、ペット用に販売されているおやつです。

ご褒美や気分転換にあげると、とても喜んで食べてくれます。

しかし、おやつにも色んな商品があるのできちんとした物を選ぶ必要があります。

猫ちゃんにとって最適なおやつとは、一体どんなものなのでしょうか?

おやつは使い方次第で万能なサポートアイテムになる

猫のおやつは、さまざまなシーンで使えるとても便利なアイテムです。

躾をしたい時や上手くできた時のご褒美代わりにしたり、ごはんの食べが悪いときにトッピングして食べさせたりと色んな活用法があります。

ドライフードに飽きかけてる子へおやつ代わりにあげれば、気分転換させることも可能です。

お家に迎えたばかりの子が人に懐かないとき、おやつを使って心を開かせるという手段もあります。

ケージやキャリーに慣れさせたいなら、その中におやつをおいて様子を見てみましょう。

美味しそうな匂いに釣られて、いつしか自分からケージやキャリーの中へ入ってくれるようになります。

猫には、美味しいものをもらうと自分がいいことをしたんだと認識する学習能力があります。

この能力を最大限に活かせるのが、おやつのメリットだと言っても過言ではないでしょう。

おやつの中には毛玉のケアに特化したものや、歯磨きのできる物が販売されています。

これらの商品を上手に使えば、さらに猫ちゃんの健康が維持しやすくなるでしょう。

おやつは猫専用のものを選ぶようにする

猫ちゃんの好物と聞いて思いつくのは、かつお節や煮干しなどの魚類が多いと思います。

他には、元々肉食動物なのでささみなんかが好きな子もいますね。

その子その子によって好きなものは千差万別ですので、しっかり好みを把握しておくことが大切です。

ペットショップには、ペット専用のおやつが沢山販売されています。

これらは味付けが薄くて、ペットが食べても安心な方法で製造されているものばかりです。

先に述べた素材はもちろん、かまぼこやジャーキーなんかも売っています。

初めておやつをあげる場合は、異なる素材のものをいくつか飼ってみて食いつきが良いものを探すというのも1つの方法です。

良質なおやつは、低カロリーで塩分が控えめになるよう作られています。

気になったものは必ず原材料の欄を見て、塩分やカロリーの確認をしておきましょう。

他にも、添加物が沢山入っているものは体に支障をきたす恐れがあります。

着色料や保存料や添加物が使われている物も、選ばないように気をつけましょう。

猫に人間のご飯をあげると体調不良を起こす危険性がある

上記に記載したおやつは、普通にスーパーなどで売っていて手軽に入手することが可能です。

では、代用品として人間用に売っているおやつと同じ素材を、猫に与えても大丈夫なのでしょうか。

答えはNOで、猫に人間用の食材を与えてはいけません。

特に、何らかの味付けがされている物は絶対にやめてください。

何故なら、人向けの調味料を猫が口にするのは大きな負担がかかってしまうからです。

醤油は、人間にとっては良くても猫には良くありません。

砂糖は、糖分を摂らなくても生きていける猫には必要ないのです。

ただし、ささみは例外としてあげてもいいとされています。

その際は、お湯で茹でた後に細かく裂いたものをあげるようにしてください。

味付けが足りないからと、調味料を加えてはいけません。

猫が味覚を感じる部分は舌先のほんの一部なため、味よりも匂いが重要なのです。

猫は鼻が敏感で、鮮度の高い素材ほど美味しそうな匂いがして食いつきが良くなります。

猫用おやつとして食材を用意する時は、できるだけ新鮮なものを選ぶようにしてください。

また、欲しがるからといって過度におやつをあげるのも良くありません。

猫は一日に必要な摂取量が決まっているため、それを超えない程度であげることも大切です。

おやつは嗜好性もカロリーも高い物が多いので、食べすぎると脂肪肝や肥満の原因に繋がるということを覚えておきましょう。

まとめ

おやつを活かすも殺すも、全ては飼い主であるあなたにかかっています。

愛猫の幸せそうな顔を見たくておやつをあげすぎた結果、病気になって苦しむ顔に変わってしまったとなっては本末転倒です。

適度な量を管理し、時にはあげない選択肢をとることも飼い主の愛情。

大切な存在だからこそ、おやつと上手く付き合いながら幸せな猫ちゃんの顔を見続けていきたいものですね。

-キャットフードの選び方

Copyright© プレミアムキャットフード.コム , 2017 AllRights Reserved.